コットン、外に出るってよ

登山とかキャンプの記事書きます。多分。

吉原に乗り込んできたやよ...やよ...

こちらのページはTCU-CTRL場外乱闘 Advent Calendar 2019 - Adventar 25日目の記事です。
前回の記事はbay leafさんのTCU-CTRL場外乱闘 Advent Calendar 2019 総集編 - 月桂樹の育つ星でした。

 

※今回は風俗に行ってきた記憶を引っ張り出してきて記事にしてみました。文才があるわけでもなくただただ汚いものに仕上がってますので、出来れば序盤くらいでそっとブラウザを閉じていただけると光栄です。

 

今日は晴天、お日柄もよく

時は2018年11月か12月、人肌が恋しくなる季節でした。

丁度上野周辺に行く用事があったのでついでに風俗デビューしてみることにしました。

 

最初だから行くのはもちろん風俗の王様であるソープ一択。行くなら吉原だよなぁ...。

まずは情報収集、意外と童貞向けの風俗紹介ブログがヒットします。

なんか去年か一昨年はコスプレソープ?行った方の記事がアドベントカレンダーに載ったらしいですけど、コスプレとはなかなかの挑戦ですね、執筆者さんが自分と同じく童貞だったかは知らないですけど。

自分は無難にスーツ専門のソープを選ばせて頂きました。なんででしょうね、もしかしたら当時の自分はバブ味を欲していたのかもしれないですね。

あと嬢も趣味欄にオタクと書いてある顔が好みの方を選ばせて頂きました。

 

行く前で1番ハードルが高かったのが如何に居候に気づかれず電話予約を済ませるか、でした。まあうまい具合にバレずに予約しましたけど。

 

気づいていたか?居候君?実は君が家にいる時電話予約してたんだよ?

 

ここで童貞諸君にアドバイスだ、嬢を選ぶときは趣味欄に自分と似通った趣味を持った嬢を選ぶといいぞ。

(自分の場合、嬢のオタク知識が思ったよりも深く逆についていけませんでした。)

 

童貞、吉原の地に勃つ

予約した数日後、対戦当日がきました。

駅に行くまでの流れは割愛します。

えー上野駅についたんですけども送迎の車は来ませんでした。

お店に確認を取ったところ送迎1時間前に連絡を入れないといけなかったようです。痛恨のミス。

 

ここで童貞諸君にアドバイスだ、送迎がいるかどうか予約時に聞かれるが吉原に向かうには徒歩だと意外に時間かかるから送迎は頼んだ方がいいぞ、普通の車なので人目に触れることもないから。

 

送迎車を逃した自分は上野駅前で必死にタクシー探しました。
童貞捨てるために必死になる童貞、とても見苦しい光景だったと思います。
なんとかタクシー捕まえまして、「行き先は?」「吉原!」とはいきません。事前に調べておいたちょっと離れた場所の住所を指定して運んでもらいました。

 

そんなこんなで吉原の地に足を踏み入れました。派手ではないけどそこいら中に風俗風俗風俗風俗...なんかテーマパークに来たみたいだなぁ。

 

吉原を歩いているとかなりの確率でキャッチに声を掛けられます。2回くらいは声を掛けられました。いいカモに見えたのかもしれません。そこで一言、

 

「いえ、間に合ってるんで」

 

き、気持ちいい〜〜〜〜〜〜〜〜!!!まさか自分が風俗関連で間に合ってますなんていう日が来るとは...!

 

まあそんなこともありまして店前着、黒スーツの怖いお兄さん達が出迎えてくると踏んでたのでビクビクしてたんですけどね、割と普通の黒塗スーツのお兄さん達が出迎えてくれました。

そういえばタクシー代は店が持ってくれました。

 

予約の旨を伝えると待合室へ案内されます。場所によるかとは思いますが飲み物が用意されてたりします。

ここで注意点なのですが、待合室は禁煙ではありません。灰皿も置いてあり意外とタバコの匂いがします。匂いがきつい人はマスクをして行った方がいいかもしれません。

あと、なんでだろうな冴えない顔つきのお客さんが多い気がしましたね、ただ同族センサーが反応してそのように感じただけなのかもしれないですけど。

 

ここでスマホをいじりながら10分程度?待ちます。

 

※以下とても汚くなっております。心臓の悪い方は読むのをお控えください。

 

対戦お願いします

陽キャの皆さんはセッ◯ス前に「もう下半身が尖ってきちゃったんだけど」とか言うんですかね、知らないですけど。そんなどうでもいいこと考えている内に案内が来てとうとう嬢とご対面。

 

会って初めの一言、

 

「ドーモ、ドウテイです。」

 

これ、記事にするために捏造したのかとか言う人いるかもしれないんですけどこれはガチで一言目で言いました。初対面の人にこのようなカミングアウト出来る機会は今後の人生で訪れない気がします。意外とスッキリするのでこれはこれでおすすめ。

 

嬢は何故か一言目で爆笑を始めてしまいました。何故でしょうか、理解に苦しみます。

 

ここで童貞諸君にアドバイスだ、最初に童貞宣言しておけば勝手に嬢がリードしてくれるから楽だぞ。ただ会って一言目で言うのはやめよう、人によってはドン引きされかねない。

 

童貞を捨てた瞬間

「人見知りしないから人見知りってよく分かんないんだよねーwww」

出たよ陽キャの発言、隠キャ極めた自分とは格が違う。

 

「ほぼ無言でプレイして帰る人もいるよ〜」

へぇ...そうなんすか...

 

ソープって入室したらすぐにプレイが始まるかと思ってたんですがね、意外と雑談タイムが長かったです。ただ話題がないコミュ障でも多分大丈夫でしょう、嬢の方から話題を提供してくれるので相槌さえ打てるコミュ力があれば大丈夫です。プレイだけして帰る人ってどうやってるんでしょうか、やっぱり陽キャの発言してさっさとやって帰るんですかね。

 

雑談も大体終わり、服を脱ぎ脱ぎ、嬢も脱ぎ脱ぎ...
女性の裸体を見るのは何十年ぶりでしょうか...いやそもそも身内以外は初めてでしたよね。そんな事情もありマジマジと眺めてしまいました。とてもおエロいお姿でございました。今更なんですけどこんな文章書いてて今後白い目で見られないかとても心配です。

 

とにかくシャワー前へ移動、イスに座らせられ思うがままに身体?を洗ってもらう、主に下半身についているエクスカリバーを中心に。

エクスカリバーは例えです。ごめんなさい。そんな高尚というか大層なものではないんです。

 

ここで童貞諸君にアドバイスだ、エクスカリバーは事前に綺麗にしておくといいぞ。綺麗だと嬢は喜ぶし汚いと多分萎えられる。

 

その後、お風呂に移動、ここではイチャコラけしからんことをします。ただそんなに記事にすることもなかったので割愛します。

またまた移動、今度はベット...

 

「あの、シッ◯スナ◯ン...興味あるんすよね...」(唐突なドモリオタクボイス)(声を絞り出したような必死な要望)(普通にキモい)
要望に沿ってくれました。最高。

感想?最高でした。

前座も終わりゴムを装着、そして体位は嬢がチョイスしてくれます。

 

 

 

選ばれたのは騎乗位でした。

 

 

 

やってきたエクスカリバー入刀、

 

 

 

緊張の瞬間。以前の自分が語りかける。

 

体は剣で出来ている
血潮は童貞、心は隠キャ
幾たびの自慰を越えて不敗
ただの一度も本番はなく
ただの一度も理解されない
彼の者は常に独りパソコンの前で勝利に酔う
故に、その生涯に意味はなく
その体は、きっと剣で出来ていた

 

 

 

奥まで入り切った瞬間、「あぁ...俺は童貞を卒業したんだな...」という感慨深さでおっぱいになりました。童貞の固有結界なんて捨ててしまえ。
あとオ◯ホってすごいね。持ってないけど、家に飾ってあるのはインテリアだし。

 

ここから詳しくは割愛します。数分の内にフィニッシュ、力尽きました。

 

ここで童貞諸君にアドバイスだ、実際のセッ◯スで嬢がAVのような大きな声を出すことはないぞ。夢は捨てるんだ。
いえ、嬢は普通にエロかったです。生で聴く喘ぎ声最高。

 

追加で童貞諸君にアドバイスだ、遅漏よりも早漏の方が嬢は喜ぶぞ。自分が早漏というわけではないぞ。

 

1回戦終わると追加課金してない場合、そこで終了です。そこからは添い寝が始まります。

無言で添い寝するのも良し、雑談でもしながら添い寝するのもまた良し。

自分は下のような会話をしてた記憶があります。

 

「高速走ってる車から手を出して風掴む感触とおっ◯い触る感触って似てるらしいんですよね」

「え〜www、実際どうだった?」

「いや車の方やったことないので分かりません」(真顔)

 

終了時間が近づくと静かにブザーのようなものが鳴ります。

あぁ〜もう終わりかぁとなんか適当に喋りつつ、身体を改めて洗ってもらい服を着ました。

あとは部屋を出て最後にキスしてもらって終わりって感じですかね。

また待合室に案内されアンケートのようなものを書き、お会計です。

 

今回は50分コースだったので17000円のお支払い、高いと思うか安いと思うかはあなた次第です。ポイントカードもしっかり作り店外に出て送迎用の車へ案内されました。

 

ここもまたシュールでした。大の大人7、8人が無言でセダンに乗っていました。そして目的地に着くと皆無言で降りていきました。

 

自分も車を降り、何気ない顔で本来の用事を済ませに次の目的地へ向かいました。

 

総括

50分で17000円、高いですけど自分は高いとは感じませんでした。人生の経験って言うんですかね...なんか余計に自分を拗らせることができた気がします。数日間H2Oさんの「思い出がいっぱい」の歌詞「大人の階段の〜ぼる〜」の部分だけが自分の中で無限リピートしてた気もします。

 

これだけだとただの感想なので具体的なメリットを挙げときますね。

まず童貞から素人童貞に進化できます。誰かにそれは退化だとか言われた気もしますけど自分は進化だと思います。

また、半年は使えるおかずを得た気分になれなす。もう想像だけでご飯3杯はいけます。

 

はい、という訳で風俗は意外と敷居が高いと思っている方もいるかもしれないですけどそんなことはありませんでした。火星〇〇の人も大丈夫だと思います。嬢に確認取ったんですけど結構多いらしいですよ、大丈夫です。

行きたい人、相談乗ります。DMとかに来てください。

 

汚い記事で年を締めくくってしまい大変申し訳なく思っております。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。ほんと物好きだね、ほんとありがとう。

谷川岳のススメ

この記事はTCU-CTRL場外乱闘 Advent Calendar 2018 - Adventar12月16日の記事です。前回の腹痛さんの記事はこちらになります。

 

mikamg0913.hatenablog.com

 

北アルプス方面に行くと言ったな?あれは嘘だ」


今回の記事は11月17日に群馬県谷川岳へ日帰り登山に行ってきたことを書きます。

長いので読むのめんどくさいと感じる方は写真だけでも見ていってください!

 

どこに登ろう?

北アルプス方面に行くとか言ったくせにどこにも登ってなかったので、今年の山登り納めとして手軽な山に登りたくなったので谷川岳登山計画始めました。
ふと谷川岳に登りたくなった理由を強いてあげるとすれば初心者でも登りやすく、ある程度の高さまでロープウェイで登れる山がたまたま谷川岳だったというところです。(ヤマノススメの聖地だからとかじゃないです。)ですが、タイミングが悪すぎるにも程があるだろう、ロープウェイはメンテナンスのため登る日は停止中だったのです。なので別のルート、日本三大急登ルートとも呼ばれる西黒尾根ルートで登り田尻尾根ルートで下ることに決めました。
登ることを決めてから速攻で新幹線の予約を済ませました。

 

さあ谷川岳

準備も終え、山の天候をチェックします。数日前の情報では雪が積もってないとのことなのでアイゼンは荷物に入れませんでした。(後々このせいで苦労することに)
大井町線の始発に乗り込み、いざ出発。上はウインドブレイカー下は動きやすいズボン、靴は今年新調した登山靴です。
東京駅にて上越新幹線に乗り換え上毛高原駅を目指します。
朝ごはんは駅で買ったおにぎり数個を新幹線内でモグモグ、登山当日に朝ごはんを抜かすような自殺行為は流石にできません。

 

上毛高原駅に着いたのはいいんだが…???

新幹線に揺られて1時間と30分程度、上毛高原駅に到着です。この駅なんですけど上越新幹線が止まる単独駅の中では1番利用者が少ないそうです。土曜日にもかかわらず利用客はまばらでした。

f:id:cotton131:20181217113313j:image

ここに来てかなり重大な問題が発生。
現金なし生活に慣れてしまっていたせいで財布の中に現金がない…
ひとまずインフォメーションセンターのお姉さんのお出番

 

「この辺りにお金下ろせるところありませんか?」
「ありません」

 

衝撃が走りました。そりゃそうですよね、田舎出身なのになに失念してるんだよ、ATMなんてあるわけないでしょうに…

ということで早速詰みました。グーグルマップで近くのATMを探すと3キロ先のセブンイレブンで下ろせることが分かったのでそこまで徒歩で向かいました。
登山靴は山登りには向いていますが平地の移動には絶望的に向いていません。たかだか往復で6キロ程度の道のりで既に足が痛くなってきてまいりました。乗ろうとしていた谷川岳行きのバスにはもちろん乗り遅れ、1時間遅れでバスに乗り込みました。
ヤマノススメで出てきた土合駅は使わないのか?山登り前から長々と階段を登りたくなかったし、ヤマノススメ聖地巡礼というわけでもなかったので使いません。

 

ロープウェイ駅に人がほとんどいない

それもそのはず物凄いバッドタイミングでロープウェイがメンテナンスのために休止中なのでした。
バスに乗るときも乗務員の人から何度も聞かれましたよ。

「ロープウェイ止まってるけど本当にいいの?」

ロープウェイ駅で入山届を提出して登山開始です。
少し進んだところに鉄塔が立っていました。座りやすい石もあり、服装の調節にはもってこいのポイントです。少し寒かったのでインナーを少し増して再度出発、途中までは何の変哲も無い登山道が続きます。

f:id:cotton131:20181217113559j:imageただの鉄塔なので特にコメントはないです

ある程度行ったところで見晴らしが良くなりました。

f:id:cotton131:20181217113839j:image

ここからは鎖場が続きます。まず一つ目の鎖場、雨も降って滑るので少し怖かったですね。鎖場の経験があまり無いので切り立った鎖場を見上げるだけで恐怖感が出てきました。

写真も撮ったのですが下手すぎて高さがいまいちわからない感じになってて残念です。

f:id:cotton131:20181217113935j:image1箇所目の鎖場
f:id:cotton131:20181217113930j:image2箇所目か3箇所目、あと1箇所撮り忘れた

3箇所の鎖場を抜けたあたりで周りが吹雪いてきたことに気がつきました。

ん?これやばいんじゃね?

と思いながらまだ進みます。決して真似してはいけない山登り経験者あるまじき行為です。
12時30分ごろようやくラクダの背(中間ポイント的なとこ)に到着して一段落です。少し長めの休憩の後頂上を目指して進みます。既に道脇に雪が若干積もってる気がするけどキニシナイ。

f:id:cotton131:20181217114118j:image

 

日本3大急登ルートの所以

ラクダの背を超えると急登ポイントに入り、鎖場ほどでは無いですがかなりの傾斜が続きます。どこからでも登れそうなので石に付いている黄色のペイントを目印にして進みます。

f:id:cotton131:20181217114241j:image

すでに路肩には雪が積もっていました。山情報を鵜呑みにしてアイゼンを持ってこなかった痛恨のミスです。

f:id:cotton131:20181217114730j:image
登山を始めた時間が遅かったこともあり、かなりギリギリの時間かつ足元が滑ることもあり、足滑らしたら死ぬなぁと何度も思いました。

 

f:id:cotton131:20181217114812j:image
f:id:cotton131:20181217114808j:image

道中に撮った植物たち。凍っててキレイ、ついでに自分の前髪も凍ってた。

 

ようやく登頂

14時ごろにようやく登頂です。

f:id:cotton131:20181217115213j:image

ヤッター、トウチョウダー、ナニモミエネー

日没の時間も考慮するとありえないくらい遅い時間で頂上で休憩する時間もありませんでした。(そもそも吹雪いていたので休憩どころではなかったのですが)
谷川岳にはトマの耳とオキの耳の2つの頂上があるんですが時間の都合上、今回はトマの耳にしか行けませんでした。

下山始めました。

行きは西黒尾根ルートだったんですが帰りは田尻尾根ルートから下ることにします。頂上から少し降りたところに山小屋があります。(冬季休業中で中には入れませんでした。)夏季はここに宿泊できるので一泊二日で計画を組んで頂上でご来光なんてのもおつなものかもしれませんね。

f:id:cotton131:20181217115248j:image

避難小屋も通ったのですが写真を撮り忘れたので割愛させていただきます。

f:id:cotton131:20181217120330j:image尾根ルートは登山道がキレイに整備されててとても歩きやすい

f:id:cotton131:20181217120354j:imageロープウェイの到着駅を遠くに望むことができる

日暮れギリギリ、バスに駆け込み

半分くらい降りたところで既に空が暗くなってまいりました。ヤバイ、そして最終バスの時間も近い、さらにヤバイ。

f:id:cotton131:20181217115458j:image空がキレイだなーとか言ってる余裕はない
半分滑りながら下山しました。ロープウェイ駅に到着したのは最終バスの5分前、急いでなかったらロープウェイ駅で野宿するとこでした。

その後新幹線に乗り込み、無事帰宅、ようやく長い長い1日が終わりました。

総括

西黒尾根コースは登山部とかのガチ勢向けだと感じました。初心者はロープウェイで上の方まで登れるし、少し山登り経験があるのであれば天神尾根ルートで下から登ってくのもいいかもしれません。どの層の登山者でも楽しめるいい山だと思いました。
あとみなさん、山登るときはもっと早い時間から登りましょう。

 

今回の大まかなタイムスケジュール

5:30 尾山台駅
7:50 上毛高原
9:30 上毛高原
10:17 ロープウェイ駅着
10:30 登山開始
10:50 鉄塔
12:30 ラクダの背
14:00 登頂
14:10 山小屋着
15:20 避難小屋着
16:50 ロープウェイ駅着
17:30 上毛高原駅
22:00 尾山台駅

 

次の記事はpara7 - Adventarです。後はお願いします。

北アルプス登山の予告

この前は富士山に登りましたが、次は北アルプス立山三山あたりに登る予定です。
9月あたりで登ってそのことについても記事にしようと考えてます。(その前にキャンプ記事を挟むかもしれないです)
その他その周辺でオススメの山がある方はコメントお願いします。

はじめての富士山

このブログは登山一筋というわけでもなく旅行や聖地巡礼の記録場所としても使っていこうと考えています。
そんなこのブログの初記事なのですが、ここ最近登った富士山を題材とさせていただきます。

 

僕はなぜ富士山に登るのか


元から登山は好きだったのですが何かと遠いため登るのを拒んできてたのですが関東に引っ越してきたため近くなりました。さらにヤマノススメセカンドシーズンの富士山回を見たがためにこれは自分も登らないかんと思い立ったわけです。深い理由もなく申し訳ない。

 

登山1ヶ月前思い立ったが吉日、すぐに山小屋の予約をすることに。無難に七合目の山小屋の大部屋と高速バスの予約を済ませました。


登山当日、バスタ新宿には10時前ごろに到着しました。

10:35発の高速バスに乗り込み2時間ほど船を漕いでいたらいつのまにか富士山の麓、マイカー規制の検問所前まで来てました。

 

f:id:cotton131:20180819003034j:image

お隣は外国人の方、登山中も日本人だけでなく国際色とても豊かでした。

 

それから程なくして五合目に到着、観光客で大層賑わっておりほんとに登山口か???と思うほどでした。(世界遺産登録されてから観光客が急増したそうですね。)


五合目で昼食をとり高地順応も済んだところで登山を開始しました。

 

f:id:cotton131:20180819003126j:image

ヤマノススメでも出てきた雲海ラーメン、美味しいけどやっぱり普通


登りの最中では六合目がどこか気づきませんでした。警察の出張所があるところが六合目だったようですがそれに気づいたのは下り終わった後でした。

 

六合目を超えしばらく行くと七合目付近の殆どの山小屋が一望できるようになります。しかしそこにたどり着くまでが遠い…。

 

f:id:cotton131:20180819005311j:image


山小屋での宿泊


大部屋での雑魚寝でした。大部屋での予約だったので自分のスペースは約半畳分…、わかってたはずだけどやっぱり狭し

 

f:id:cotton131:20180819003605j:image

二人以上でこれば個室も借りることができます。

 

夕食までの待機時間、雨だけでなく雷の音も聞こえてきました。その時数回に渡って電気が落とされました。(発電機に落雷する可能性があるかららしいです。)

 

夕飯は定番のカレー、疲れた体に染みてとても美味しかったです。

やることもないので寝るべきでしたが、若干頭が痛く高山病初期症状が出ているようだったので熟睡は断念、横になって目を瞑って休息を取っていました。(高山病なりかけの時は寝てしまうと低酸素状態になり高山病が悪化してしまいます。)

 

ご来光に向けて


若干高山病になりかけだったので熟睡は出来ず0時ごろに起床、用意を済ませて軽食をいただき出発です。
八合目までは岩場が続き暗闇の中で登るのはとても大変でした。(次からは八合目の山小屋に泊まります(^^;))

 

f:id:cotton131:20180819004100j:image

見えるのはヘッドライトで照らした足元のみ


だんだんと空気が薄くなってくるのが実感でき、少しの距離で息が切れてしまいます。
運が悪いことに、八合目辺りから御来光渋滞に巻き込まれてしまいました。

 

f:id:cotton131:20180819012432j:image

暗闇の中に無数のヘッドライトの明かりが見える

 

当初の予定より大幅に時間がかかってしまい頂上に到着したのは御来光のおよそ10分前でした、、、。最後の方はだんだんと空が明るくなっていくのが実感でき、頂上にたどり着けず御来光を迎えてしまうことを覚悟しましたね…。

それでもなんとか頂上に到着、思ったよりも寒く凍えそうになりながら御来光を迎えました。これを目的に登って来ただけあって見てて涙が出て来てしまいました。

 

f:id:cotton131:20180819004330j:image

 

お鉢巡り


御来光も見たのでお鉢周りに出発しました。まず、頂上の山小屋で豚汁を一杯。一杯800円という高額ですが、疲れ切った体にはとても染み渡ります。
その後、富士山頂上浅間大社へ向かいました。大社前には簡易郵便局がありハガキ等を全国各地へと配達してもらえます。自分は残金が心もとなかったので次の機会にということでハガキの投函は見送りました。
そして火口をぐるっと回りつつ剣ヶ峰へと向かいました。

 

f:id:cotton131:20180819005944j:image


さすが日本最高峰、記念撮影をするための大行列が形成されてました。もちろん自分も撮影して来ましたよ!

 

f:id:cotton131:20180819004858j:image


下山の際は登りのルートとは異なる下山用ルートで帰りました。こちらは登りとは違い道幅が広く砂利道となっていたので膝への負担も少なくスラスラと降ることができました。

 

f:id:cotton131:20180819004930j:imagef:id:cotton131:20180819004943j:image

 

まとめ


富士山は体力的にはきついですが高度な技術は求められることがなく初心者でも登りやすい山だと感じました。(だからと言って舐めてかかってはいけませんが)

首都圏からも高速バス一本で行けてしまうという非常にアクセスの良い山でもあるので機会があれば是非とも一度登ってみてはいかがでしょうか?

 

f:id:cotton131:20180819010305j:image

五合目で購入できる金剛杖、これに各山小屋で焼き印を押してもらうのも富士山登山の醍醐味